ヤミ金の相談は専門の弁護士や司法書士に!無料相談受付中!

ヤミ金交渉を成功させる方法とは?

ヤミ金

  • 返済ができない・・・
  • ヤミ金の借金を誰にも相談できない・・・
  • すでに多額の支払いしている・・・
  • 悪質な取り立てに悩んでいる・・・
  • 催促の電話が会社にまでかかってきた・・・

借金問題で苦しんでいるあなたの力になります。

 

金融業者への交渉を自分ですると・・・

ヤミ金

 

ヤミ金業者はその道のプロです。
バックに暴力団が控えている可能性もあるので、個人での交渉は難しくなります。
まず第一に、毅然とした態度で冷静に取引をしなくてはなりません。
金融業者との話し合い、駆け引きなど、何度も交渉を重ねる作業は精神的につらいものがあります。
金融業者へ自分で交渉すると費用が格段に安く抑えられるというメリットは確かにあります。
しかし、相手はプロです。
お金がないのでなんとか自分で対応したいと考える気持ちはわかりますが、自分で交渉するにはそれなりの専門知識と交渉技術がいります。

 

そのうえ、まともに取り合ってもらえず、それどころか「金を払わないなら、親や兄弟の勤務先に怒鳴り込みに行くぞ!」などという、脅迫まがいの取り立てに発展してしまうケースもあります。
ひどい場合は、勝手に金利を引き上げられたり、返済回数を変更されたりと酷い仕打ちを受けてしまうこともあるでしょう。

 

こうなると、どんどん追い詰められていきます。
交渉は専門的な知識がなければ、なかなかうまくいくものではありません。
素人には、プロの金融業者に和解を取り付けるのはかなり困難だと思われます。

 

「闇金業者との決別」のためには専門家にまかせるのが一番の早道でしょう。

 

一刻も早く、つらい取り立てから逃れるためには、専門家の知恵と知識と技術がいります。

ヤミ金業者からの借入金をきれいに整理するなら、弁護士や司法書士に依頼するのが一番です。

 

返済に追われて金銭的な余裕がない場合でも、弁護士や司法書士に支払う費用がないと悩む必要はありません。
借金の相談は無料だし、手続きにかかった費用を後払いや分割払いでOKという法務事務所もあります。
さらに。費用の支払いすら困難と認められる場合には、基準や条件がありますが費用を立替てくれる『法律扶助制度』を利用するという方法もあります。

 

一人で悩んでいないで、どんな小さなことでもヤミ金専門の無料相談を利用してみてください。

無料相談を利用すると道が開かれます。

保育士求人

ヤミ金被害の相談は、対応している専門家に相談しましょう。
家族や知人に相談できないヤミ金トラブルは、ぜひヤミ金問題の専門家にご相談ください。

 

返済ができない・・・
すでに多額の支払いしている・・・
悪質な取り立てに悩んでいる・・・

 

借金問題で苦しんでいるあなたの力になります。

 

ヤミ金はやっかいなことが多いので、相談を受けない法律家もけっこう多いものです。
でも、ヤミ金対策のプロがあなたと一緒に戦ってくれます。

 

相談はこちらから
アヴァンス法務事務所

 専用フリーダイヤル 0120-301-795

電話相談は無料です。 
(受付時間 9:00〜21:00 月曜日〜土曜日対応)

 

メール相談は24時間対応です。

 【ヤミ金対応】アヴァンス法務事務所

 

ヤミ金業者からの借金は返さなくてよい

 

出資法による利息が違法とされ、サラ金業界も厳しくなっています。
そのため、サラ金の貸し渋りが増え、お金に困っている人が思い余ってヤミ金業者から借金してしまうケースが多くなっているのです。
金利29.2%以上の利息を取る業者は全てヤミ金業者です。
ヤミ金業者の中には、10日で3割〜5割もの利益をとる業者もいます。
5割では1825%の超暴利になります。

 

ヤミ金業者は違法を承知で過酷な取り立て行います。
ヤミ金業者は返済が難しいと知りながら貸すのです。
彼らは親や親せきなどからでも回収ができればいいと考えているので、当人の返済能力とは無関係に貸し続けます。
ヤミ金業者は貸金業者ではなくて犯罪者なのです。
だから、借りたお金は返さなくても良いのです。

 

法外な規則を支払わされたヤミ金業者に賠償を求めた訴訟で、最高裁は「ヤミ金業者から借りたお金を返す必要がない。支払った利息も全額返還の請求ができる」と判決しました。

 

ヤミ金業者からの借金取り立てで苦しめられている方は、すぐに専門家に相談してください。
ヤミ金業者の中には「090金融」といわれる、携帯電話の番号しかわからない業者もいます。
こういう場合、過払い金を取り戻すのが難しいケースもありますが、とにかく専門家に相談することです。
ヤミ金問題はヤミ金業者に対する豊富な実績と経験のある専門家に相談しましょう。

 

相談はこちらから
アヴァンス法務事務所

 専用フリーダイヤル 0120-301-795

電話相談は無料です。 
(受付時間 9:00〜21:00 月曜日〜土曜日対応)

 

メール相談は24時間対応です。

 【ヤミ金対応】アヴァンス法務事務所

ヤミ金被害体験 督促の電話が止んで、払い過ぎたお金が戻ってきた!

私には子どもが3人います。
上の子二人は成績も優秀で、順調に学生時代をすごし、きちんと就職もできました。
しかし、末っ子は成績が極端に振るわず、いわゆる落ちこぼれでした。
就職してもすぐに首になり、親としてはかわいそうでたまりませんでした。
成績が悪いということは、仕事をする上でもやっぱり仕事ができないと判断されて首になるのです。
本人は、勉強はできなかったけど、仕事は頑張りたいと思っていたようです。
しかし、社会は厳しくて、なかなか働かせてもらえません。

 

いつもお金に苦労しているのはわかっていました。
友人の誘いや遊びにお金が必要だったのか、サラ金で多額の借金をしているのが発覚。
問い詰めると、サラ金のカードを複数枚持っており、それもかなり使い込んでいるような汚れたカードばかりです。
夫婦で息子を連れ、各サラ金をまわって全額返済しました。
総額200万円。これが2年間で20歳の息子が作った借金です。

 

しかし、親が全額返済をすると、また知らない間に借金をしていました。
今度は、借入限度額が増えているのです。
サラ金を責めるわけにはいきませんが、うらみました。
返済能力がなく、親が返済しているのがわかっていながら、本人でないと全額返金はできないだのと言い放ち、グダグダと窓口でやり取りしたこともあります。
悔しかった仕組みが、限度額の増額です。
限度額20万円が、借金を返済すると50万円に一気に増額するのです。

 

そして2度目の発覚でまた200万円の借金。
また、息子を連れて、夜の街をサラ金のATMを目指して何軒もまわりました。
カードを取り上げて、ハサミを入れて使えないようにしたのに、新しいカードを作っているのです。
バカな息子にバカな親です。
そんなことを4回ほど繰り返し、とうとう返済額が800万円を超えました。

 

諭してもムダ、カードを取り上げてもまた作るを繰り返し、最後には、とうとうお決まりのヤミ金に手を出したのです。
たったの2万円を手に入れるために、3万円の借金をしたことになっていました。
世間でいうトイチというものより、もっとひどかったです。
見つけたのが早かったので直接ヤミ金会社(個人らしかった)に電話をして振込先を教えてもらい、すぐに3万円を振り込みました。
主人が領収証をくれというと、領収証はないので、振込の明細を領収証代わりにしてほしいと言われたそうです。
トイチよりもひどい金利の領収証を出せるはずがありません。

 

それからまた、ヤミ金の督促がありました。
こんどはサラ金の店舗にいたときに、お金を貸してあげようと声をかけられたそうです。
同じく借金に困っている女性の保証人になってくれたらお金を貸すと言われたそうですが、どうしようもない息子でも他人の借金の保証人になることがどんなことかくらいはわかっていたようで、それは断ったと言います。
しかし、結局は数万円のために20万円の保証人にされていました。
その女性がサラ金で20万円を借り、それをヤミ金業者が受け取り、そのうちの数万円を息子に渡したようです。
完全に犯罪です。
恐ろしいことに、この女性は2,000万円もの借金を作り、破産手続き中でした。
20万円は、この女が借りたヤミ金の返済の肩代わりだったのです。
相手の家族や、破産手続き中の弁護士さんとも接触しましたが、結局20万円は息子の借金になりました。

 

こんなバカな手口で、見知らぬ他人の借金の保証人にまで仕立て上げられ、本当に情けない息子ですが、わが子です。
救わないわけにはいかなかったのです。
責める私に、息子は「返してくれんでもいいわ!」とうそぶきましたが、「何言ってるの、家族やないの、助けるのが当たり前やない!」と言うと、声を上げて泣き出しました。
精一杯虚勢を張っていましたが、やはりヤミ金にだまされ、不安や心配で困っていたのです。

 

4回目の200万円の借金が発覚したときは、もう、涙も出ませんでしたが、息子に返済をしてやると持ちかけると断られました。
自分で返すと、息子が初めて言ったのです。
友達に紹介してもらった借金問題の専門家に相談に行ったようです。
借金取り立ての電話がぴたりと収まり、今まで私たちが支払った、高金利の払い過ぎのお金も戻ってきました。

 

その後、息子は住み込みで働けるホテルの従業員として箱根に行き、毎月借金を返済していきました。
たぶん、サラ金やヤミ金のブラックリストに載っているのでしょう。
その後はどこのカードも持てないため、借金をしていません。
都合で箱根のホテルはリストラされてしまいましたが、大阪に戻ってきて小さな工場で働いています。

 

一人暮らしを始め、時々家賃の補助をしてやるくらいで、大きな借金は作らないで暮らしています。
出来の悪い息子と世間では笑うかもしれませんが、たとえ数百万円のお金を肩代わりさせられようと、私の息子なんです。
最後の200万円は自分で返すと言い張り、頑張りました。

 

就職がうまくいき、人並みの給料がもらえていたら、こんな借金なんかしないで済んだかもしれません。
今の若者はうまく働き口が見つからず、借金を重ねている人も多いのではないでしょうか?
ヤミ金の手口に乗ってしまい、恐ろしいことになっている人もいるでしょう。
私たち親子は、借金問題の専門家に救われました。

 

借金の取り立てなど、ヤミ金問題で困っている人は、ぜひ専門家に相談してみてください。
督促の電話はすぐに止みます。
私の息子のように、正当な金利できちんと月々返済していける道を作ってもらえます。

 

相談はこちらから
アヴァンス法務事務所

 専用フリーダイヤル 0120-301-795

電話相談は無料です。 
(受付時間 9:00〜21:00 月曜日〜土曜日対応)

 

メール相談は24時間対応です。

 【ヤミ金対応】アヴァンス法務事務所

 

全国対応!ヤミ金相談はこちらへ 相談無料 ご安心ください!

 アヴァンス法務事務所

【ヤミ金被害】のお悩みは相談無料・24時間受付のアヴァンス法務事務所へ!!
専用フリーダイヤル 0120-301-795
1件 5万円 
費用の分割払い・後払いも可能です。
依頼後すぐのお支払が厳しい方はご相談下さい。
女性専用窓口があります。サラ金の債務整理も実績No.1です

 

 ウォーリア法務事務所

ウォーリア法務事務所へ依頼すると闇金融への元金の支払は一切必要ございません!!
専用フリーダイヤル 0120-301-798
1件 5万円
分割払いの対応にも応じております。
費用のお支払が厳しい方はご相談下さい。
どんなヤミ金にも負けない、屈しない交渉力を持っています。
他の事務所で断られたどんな案件にも対応してくれます。

 

 ジャパンネット法務事務所

返済の催促電話、取り立てに困っている・・・などヤミ金問題に悩みを抱えている方の強い見方!!
専用フリーダイヤル 0120-870-583
1件 5万円
後払い・分割も可能です。
ヤミ金融業者専門に実績を積んだ、経験豊富な法律家です。
警察庁や検察庁など、公的機関との太いつながりもあります。

借金の取り立てが会社に!電話が鳴り続け・・・

東京に住んでいたころの話ですが・・・
一事務員だった私はいつものように電話を受けました。
「○○さんいらっしゃいますか?」
ごく普通のしゃべり方で、ごく普通の問い合わせ。
「いいえ、○○は本日はこちらにはおりませんが、どちら様でしょうか?」
てっきり会社の取引先の方だと勘違いした私は、普通に尋ねました。

 

なんだか変だなと気が付いたのが、そこここで、「○○さんに電話なんだけど・・・」という声が上がり始めたときです。
誰かが、サラ金の取り立てらしいと噂し始めました。
5分おきに電話が入るのです。
営業中のことなので、鳴り響く電話はすべて取らなければなりません。
そのうち、何本もの電話が続けざまに入り、仕事にならなくなってきました。
どうするの〜と困り始めたときに、上司から「電話はすべてこちらへ回すように。」と指示が出ました。

 

本人はいません。
都合で他の支店へ異動になっていたのです。
翌日も、その翌日も電話は途切れることなく入ってきました。
これじゃ、本人はつらいだろうなと同情していたのですが・・・

 

サラ金の取り立て現場を初めて見ました。
今は電話で取立てをするらしいですね。
結局、借金を一旦会社が肩代わりをすることでサラ金の電話をストップさせました。
初めに借りた5万円が、70〜80万円に増えていたとのこと。
定年退職で役職がなくなり、契約社員として働いていたのですが給料が少なく、生活のための借金だったらしいです。

 

結局責任を問われ、彼は会社を辞めました。
借金の取り立てで、嫌がらせに会社に電話をかけてくるという話は聞いたことがありましたが、実際に目の当たりにすると、はたから見ていても気の毒だし、本人はどんなにかつらかったろうと思われます。
仕事をなくし、ますます窮地に陥ります。

 

サラ金に手を出したことが失敗の始まりですが、どうしてもお金がいることもあるでしょう。
悪質な金利で、雪だるま式に借金が増えていく前に、何らかの手を打ってほしかったです。
会社が立て替えてくれたお金も、きちんと過払い請求ができるでしょう。
今からでも遅くはないですし、専門家に相談してほしいです。

 

相談はこちらから
アヴァンス法務事務所

 専用フリーダイヤル 0120-301-795

電話相談は無料です。 
(受付時間 9:00〜21:00 月曜日〜土曜日対応)

 

メール相談は24時間対応です。

 【ヤミ金対応】アヴァンス法務事務所

 

闇金業者の裏の話

これが、ヤミ金で働く人の実態です。こんな人たちに違法な金利で利息を払い続ける必要はありません。

客にいろんな人がいるのと同じで、ヤミ金で働く人間も、なかなか個性が強い。
基本的にグレー、というかブラックな職業だから、気の荒い不良が多いのはしかたないが、それでもまあ、いろんな人を見てきた。
仕事を始めたころ、まだヤミ金は世間的にそれほど知られた職業じゃなかった。つまり叩かれてもいなかったわけで、おかげでかなり大々的に人材募集をかけられた。
今では考えられないだろうが、日本で一番有名なアルバイト情報誌にも、大手スポーツ新聞にも、堂々と求人募集を出していた。
もちろんヤミ金とは書かずに、金融業という表記だったが、それでも今との違いは大きい。
そんな媒体に求人を出すわけだから、それはいろんな人が面接に来た。
普通のサラリーマンや、こないだまでコンビニでバイトしてましたってお兄さん、サラ金をやめた人もいたし、大学生が就職活動として来たこともあった。
うちのグループでは、基本的に誰でも採用した。
採用基準は、仕事の内容をしてもなお、やる気があること。これさえ満たせばどんどん採用した。
面接ではまず、金融業といっても正規じゃない。違法金利で貸し付けるヤミ金だ。
とは言ってもヤクザとは違うということを説明する。
そして翌日に、それでもうちで働きたいかどうかを尋ねる。このときに「お願いします。」と言った人は皆採用だ。
けれども、仕事内容のカミングアウトによって、約半数は断ってくる。まあ、所詮ヤミ金なんだから、仕方ないだろう。
ヤミ金で働く人間の年齢層は、おそらく世間一般で考えられているよりも、だいぶ低い。平均すると24歳から25歳くらいになるはずだ。
当時、月に億単位でもうけていた社長はまだ30歳だった。
現場で働く人間の中に、30代後半以上の人間はほとんどいなかった。

とはいうものの、やはり年を食った新入社員がいないわけじゃない。そういう人にとっては、まず圧倒的に年下の男が自分の上司というのを認めることが第一のハードルだろう。
闇金というとどうしてもヤクザ扱いされがちだが、やくざとヤミ金は違うものだ。
確かにヤミ金で稼ぐヤクザはいるが、だからといってヤミ金がすべてヤクザではないから、そこのところは分けて考えて欲しい。
ヤミ金の店舗は、どこもヤクザ直営店とカタギ経営店のどちらかに振り分けられる。
そしてカタギ経営店でヤクザが働くことはありえないが、やくざ直営店では人手が足りなくなったらカタギでも雇用される。そう思っておけばわかりやすいはずだ。

 

相談はこちらから
アヴァンス法務事務所

 専用フリーダイヤル 0120-301-795

電話相談は無料です。 
(受付時間 9:00〜21:00 月曜日〜土曜日対応)

 

メール相談は24時間対応です。

 【ヤミ金対応】アヴァンス法務事務所

あなたの生活は収入に見合っていますか?

あなたは自分の1ヶ月の家計がどうなっているか、把握していますか?
収入と支出の状況が視覚的に把握できるよう家計簿をつけるとよいでしょう。
軽く1万円や2万円は無駄な出費を抑えることができるようになります。

 

ここで捻出したお金を、消費者金融やクレジットカードの返済に当てることができれば、ずいぶんと毎月の返済も楽になっていくはずです。
節約の目標を持てば、支出を抑える意識が高まり、よりお金は貯まっていきます。

 

都市部に住んでいる人だと、交通の便がよいので車は不要となるでしょうし、逆に地方の方だと、車がないと生活に支障が出るとか、営業職であるため、どうしても車を売却できないということもあるでしょう。

 

一般的に裁判所の基準でいうと、食費は独身の場合で一ヶ月3万円というところが相場です。
また、独身の方で一人暮らしですと、自宅の固定電話と携帯電話の二つを持つ必要はなく、どちらかがあれば生活に支障はないと思われます。
生命保険についても、入っていなければ生活ができないというものでもありません。
それに、何かあったら不安などと、先のことまで考えても仕方ないじゃないですか。解約できる場合は解約をして、解約返戻金を債権者への返済に当てるようにしましょう。

 

家賃について言うと、収入に見合っていない家賃を払われている方はいませんか。
例えば、家賃が収入の半分近くを占めているような人がこれにあたります。
これでは、収入に見合った住居とは言えません。実際、裁判所に行っても、家賃が高すぎるから、もう少し安い所に引越しをしなさいと言われるケースも少なくないのです。
最近では、敷金や礼金がなくても入居できるところもあるので、引越し代さえ身内に協力してもらえれば、引越しができる方も多いと思います。

 

また、住宅ローンについても同じです。急なリストラや減給によって収入が激減したために、住宅ローンに生活を圧迫されているという人も少なくないでしょう。
これについては、法的に解決を計るよりも前に、銀行や住宅金融公庫などからの借り入れであれば、返済方法について見直してもらえないか直接、窓口に相談に行くことをオススメします。
相談しても無駄と最初から考えている人が余りにも多いのですが、まずは相談にいく努力をしてみましょう。

 

闇金に法外な利息を払う必要はありません。
自分の暮らしがきちんとできるように、借金の返済を考えていきましょう。

 

相談はこちらから
アヴァンス法務事務所

 専用フリーダイヤル 0120-301-795

電話相談は無料です。 
(受付時間 9:00〜21:00 月曜日〜土曜日対応)

 

メール相談は24時間対応です。

 【ヤミ金対応】アヴァンス法務事務所

任意整理で借金が230万円減額、4か月で完済できた。

任意整理とは何か?

任意整理とは、貸金業者と交渉し、返済額や返済方法を合意した上で借金問題を解決する方法です。
裁判所に申し立てる必要もなく、個人で行うこともできます。手続き費用の面でも、他の方法と比較して最も安くすみます。

 

しかし、貸金業者との直接の交渉になるため、精神的なプレッシャーがあります。
さらに、任意整理したいと業者に申し入れても、個人ではなかなか相手にしてもらえません。
そこで、司法書士や弁護士といった専門家に依頼するほうが無駄な手間が省ける上、時間の節約にもなります。

 

任意整理の流れは、大きく次の3ステップになっています。
  • 借金の調査を行う。
  • 借金の調査から本当の借金額を計算し、支払い計画をつくる。
  • 業者と交渉し、和解してから支払いを始める。

 

司法書士さんの体験事例

任意整理で借金が230万円減額、4か月で完済。
任意整理についてお話します。引き直し計算をして借金の元本が大幅に減り、任意整理で借金が整理できたケースです。

 

Aさんはサラ金5社に275万円の借金残高があり、毎月の支払い額は約11万円なっていました。
再就職したばかりで、手取りの月収は約22万円。
一緒に住んでいる母親名義の自宅の住宅ローンが月々7万円、車の維持費やその他の生活費などでどうしても10万円あまりかかるということでした。
Aさんが無理なく返済できるのは、差し引き約4万円程度しかありません。

 

借入履歴の聞き取りから減額可能という判断は立ちましたが、一年半ほど前の転職時に大きく借入をおこなった事実もあり、 A さんの支払い可能額144万円(4万円×36か月)まで減額できるかには多少の不安がありました。
そこで、毎月4万円の積立を約束していただいて、任意整理を受けました。

 

司法書士が債務整理を受任した旨を業者に通知すると、業者からの請求が止まります。
落ち着いた生活の中で、生活費もしっかり確認できるようになりました。結果、生活費は8万円程度で十分で、返済可能額も5万から6万円になりました。

 

取引履歴も順調に集まり、積み立ても順調に進みました。そこで引き直し計算をした結果、五社の残高は約48万円となりました。引き直し計算で約227万円の減額となったわけです。
1社は積立金から一括返済し、残りの部分に関してもできるだけ速やかに完済したい、このAさんの意向で、毎月約3万円を支払うことで和解し、14ヶ月後には全ての借金を完済しています。

このように司法書士さんの働きにより約227万円の減額ができ、実質の返済額が48万円となりました。
司法書士さんに任意整理について詳しいお話を聞いてみませんか?

 

相談はこちらから
アヴァンス法務事務所

 専用フリーダイヤル 0120-301-795

電話相談は無料です。 
(受付時間 9:00〜21:00 月曜日〜土曜日対応)

 

メール相談は24時間対応です。

 【ヤミ金対応】アヴァンス法務事務所

 

任意整理で300万円減額!返済額も月11万円減に

司法書士さんの体験事例

サラリーマンの Bさんのケース
サラ金7社の残高が約392万円、信販会社2社の残高が約140万円。
毎月の返済額はサラ金が約13.2万、信販会社が約2.5万円となっていました。

 

収入は、 Bさんの手取りが約30万円、奥さんのパート収入が約6万円。
保険や2人の子供の学費、住宅ローンなどを含めた生活費はほぼ31万円で、月々の無理なく返済できる額は5万円程度です。
借金と収入状況を検討すると、引き直した後の借金残高が180万円まで減額されないと、 Bさんは任意整理で支払い可能とはいえない事になります。

 

問題は、住宅ローンと保険、それに車でした。
住宅ローンがあるので個人再生がよいのではないかと感じましたが、保険と車の財産価値が非常に高く、その価値は400万円を超える可能性もありました。
こうした財産を持って個人再生を選ぶと、毎月の支払い額が高くなります。
そこで引き直し残高が支払えないことがわかった時点で破産手続きを検討すること、その際は財産を精算して債権者に支払うことを B さんに了承していただいた上で、任意整理の受任をしました。

 

毎月の積立金は5万円としました。
引き直し計算の結果、2社では合計100万円の過払い金が発生。残り7社残高は約230万円でした。
過払い金と積み立て金を原資にあて、さらに経験的データによる一括返済による減額交渉可能な会社には一括返済し、残った会社には月々4.5万円の支払いを続けることで和解になりました。

任意整理で300万円もの減額ができた例です。
司法書士さんの力を借りれば、きちんとした生活を取り戻すことができ、借金もキレイに片付けることができます。
何よりまず、相談してください。

 

相談はこちらから
アヴァンス法務事務所

 専用フリーダイヤル 0120-301-795

電話相談は無料です。 
(受付時間 9:00〜21:00 月曜日〜土曜日対応)

 

メール相談は24時間対応です。

 【ヤミ金対応】アヴァンス法務事務所

 

 

過払い金の返還請求

過払い金の返還請求の例1

過払い金の返還請求は、任意整理の注目ポイントです。
Cさんはサラ金7社から総額199万円の借金がありました。
無職の Cさんは年金生活で、年金からの返済では限界があります。
毎月7万3000円の支払いに行き詰まり、思い余って私たちに相談にこられたのでした。

 

相談を受けると、長い期間の返済があり、引き直し計算の結果、過払い金が発生していることが明らかになりました。
Cさんの場合、取引資料をほとんど保管していなかったため、取引の全容を把握することが困難でした。
そのために開示された取引履歴をもとに和解せざるを得ませんでしたが、最終的に340万円の過払い金を取り戻すことができました。

 

過払い金の返還請求の例2

ご夫婦で借金がふくらんでしまったケースです。
ご主人は47歳のサラリーマン、奥さんは46才でパートをしていました。
借金の内訳は、ご主人がサラ金6社から総額285万円、奥さんも6社から総額255万円。
ご夫婦合計で540万円の借金総額に達していました。
毎月の支払いはご主人が9万8000円、奥さんは9万6000円、合計すると19万4000になります。

 

相談にみえた時、返済が滞り始め、厳しい取り立てに疲労困憊の状態でした。
すぐに引き直し計算をすると、かなりの過払い金が発生していることがわかりました。
この夫婦の場合、古い契約書などの保管状態がよく、交渉も有利に進めることができました。
最終的に、ご主人は192万円、奥さんは196万円の過払い金を取り戻すことができました。
月々の返済や取り立ての悩みも消え、希望を持って新生活を歩まれています。

これらの例はともに毎月の支払いができなくなったものの、任意整理で過払い金を取り戻した上、借金から解放された例です。
過払い金の返還請求では、すでに完済した業者からの返還を求めることもできます。
司法書士さんの力を借りれば、過払い金を取り戻すことができ、借金をキレイに片付けることができます。
何よりまず、相談してください。

 

相談はこちらから
アヴァンス法務事務所

 専用フリーダイヤル 0120-301-795

電話相談は無料です。 
(受付時間 9:00〜21:00 月曜日〜土曜日対応)

 

メール相談は24時間対応です。

 【ヤミ金対応】アヴァンス法務事務所

自己破産しても、免責が認められなければ意味がない。

自己破産は、借金整理の最後の方法です。
自己破産の場合、借金がゼロになる免責を受けられなければただの破産者で、借金を支払わなければなりませんし、取り立ても続きます。
普通の場合は免責が認められますが、条件によっては免責が与えられないケースもあります。

 

その条件を「免責不許可事由」といい、申し立てた人がその条件に当てはまるような行為をしている場合、免責が認められないケースもあります。
免責が認められない条件には、次のようなものがあります。

  1. 資産を故意に隠したり、資産を不当に安く処分したりしていた。
  2. ギャンブル、投機行為、飲食費、遊興費などによる借金。
  3. ローンで買った商品を、完済前に売ってお金に変えてしまった。
  4. 債権者を故意に隠した。
  5. 免責の申し立ての前7年以内に免責を受けている。
  6. 一部の債権者にだけ返済を行った。
  7. 破産管財人に協力しなかった。(破産管財の場合)

免責を受ける際、これらのことは大きな妨げになります。
少しでも心配な点があれば、早い段階で司法書士などの専門家に事実を明かすことです。
最近は、明らかな免責不許可事由があっても免責が認められるケースがほとんどですが、どんなケースでも免責が認められると考えることは危険です。

 

免責では大切なポイントが一つあります。

司法書士に依頼しても、弁護士に依頼するにしても、自己破産では費用がかかります。
自己破産の準備を隠して借りると詐欺にあたり、免責で問題になることも。
破産に必要な費用を心配する気持ちはわかりますが、まず相談することです。
分割払い OK の事務所もありますし、分割払いに応じてくれる司法書士さんや弁護士さんもいます。

 

相談はこちらから
アヴァンス法務事務所

 専用フリーダイヤル 0120-301-795

電話相談は無料です。 
(受付時間 9:00〜21:00 月曜日〜土曜日対応)

 

メール相談は24時間対応です。

 【ヤミ金対応】アヴァンス法務事務所


このページの先頭へ戻る